粘着クリーナー(伸縮式)を壊れにくくなおす裏技

koro08.jpg


掃除するとき粘着クリーナー(よくコロコロと呼ばれているもの)ってすごく便利で、
自分の部屋はほとんど粘着クリーナーで掃除を済ませます。
音を気にしなくていいし、電気代を気にする必要もなく
誰が考えたのかなあと思いつつも調べることなく使っていました。

今使っているのはホームセンターで購入したホームセンターブランドの
伸縮式のもの(それしか売っていなかったので購入)を使っているのですが、
コロコロ部分がすっぽ抜けてよく壊れます。(笑)

壊れて3本目で『あれまた壊れた』と思い調べてみると
伸縮式のものは一般的な伸縮しないものと比べて
コロコロ部分がまったく違う構造になっていて
薄いプラスチック板が軽く引っかかっているだけなので
これが外れるとすっぽ抜けるような構造になっていました。

そこで、壊れた3本の伸縮式粘着クリーナーを
もう壊れないようになおすことにしました。

なおし方は手順2がクリヤーできれば簡単です。
コーナンブランドの伸縮しない粘着クリーナー
(JANコード:4522831600212)と
白いビニールテープを用意します。

koro01.jpg

1.柄のキャップを穴からドライバーのようなもので押して
取り外します。接着されていないので簡単に外れます。

koro02.jpg

koro03.jpg

2.下の写真のように金属の棒の部分を切断します。
電動ノコギリがあれば20秒くらいで切断できます。
なければ100円均一の金属用ノコギリでも切断できるかもしれません。
写真では金属の棒の部分が数cm残っていますが、
できるだけ根元から切断した方がよいです。

koro04.jpg

3.下の写真のように白いビニールテープを2列ぐるぐる巻きます。

koro05.jpg

4.1の伸縮しない粘着クリーナーを3にねじるようにして差し込みます。

koro06.jpg

5.1で取り外したキャップをケースの底に両面テープで貼り付けると
立たせたときの安定度が増します。

koro07.jpg


差し込んだだけなので再度取り外して
伸縮しない一般的な粘着クリーナーとして使用することも可能です。


コロコロの元祖について調べてみました。

2009年4月8日東海テレビ|スタイルプラス
で放送された内容を見てみると

東海偉人列伝 「コロコロ」開発者
https://web.archive.org/web/20090201162803/http://www.tokai-tv.com/styleplus/new/070408/index.html

コロコロは二トムズが開発したんですね。
両面テープは二トムズを使っていますが
コロコロの元祖とは知りませんでした。

商品名
コロコロ フロアクリン C2470
http://www.nitoms.com/products/cleaning/colocolo/index.html

実売価格
amazonのコロコロ フロアクリン C2470のページへ

コロコロは二トムズの登録商標なので
粘着クリーナーが一般名称のようです。

今度買うことがあれば二トムズのものを試してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

********************
ホームページ作成サービス Z.com Studio
********************
「常時SSL」のためのレンタルサーバーZenlogic
********************
★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入
ロリポップ!
********************
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
********************
低価格!セキュリティ特化レンタルサーバー 株式会社ハイパーボックス

プロフィール


PC et cetera
趣味:水泳・ななと散歩
好きな言葉:プチサプライズ
Webサイトやパソコンサポート、ちょっとした雑学などについて更新しています。

ピックアップ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


別画面表示する
リンク
PR
Twitter
公開ソフト一覧
シェアウェア特典
ホームページ・ソフト作成のご相談
Translation Service
Google Translate
*The accuracy of the
translation can not be
guaranteed.

Amazon 個人的おすすめ商品